婦人

シワやニキビの特徴を知って美容皮膚科で改善しよう

肝斑について

医師と患者

肝斑とは「かんぱん」と読みます。主に女性の顔面にできやすく、褐色である点が特徴です。基本的にシミの一部ですが、大阪の美容皮膚科においては、別のシミを肝斑と思い込んで治療依頼をされる方も少なくないといわれています。ここではまず肝斑とはどういったものなのかを押さえていきましょう。
肝斑はその見極めが困難とされ、医療現場においても誤った診断を下してしまうパターンもあるようです。肝斑が見えるのは主に頬とされていますが、顎や額といった、顔の様々な部位に発生します。特に鼻の下に発生してしまった場合、女性にとっては痛手です。何故なら、褐色の模様がヒゲのように見えてしまうためです。肝斑は女性ホルモンが関与しているといわれていますが、その理由は、ピルの内服などの治療で発症したり、閉経が起きることで快方に向かう傾向があるためです。この定義を用いた場合、似たような場所に通常のシミが出来ると思わず肝斑を疑ってしまうことでしょう。
肝斑が厄介な点は、現状ではその詳細が掴み切れていない点です。しかし、他のシミと共通している部分はケアや治療の方法を適切に行なうことで良化するという点です。逆に言うと、その部分を間違うと悪化に繋がるので厄介です。
大阪や全国の美容皮膚科においても、肝斑の見極めは困難な場合があります。その理由に、肝斑と似ているシミの存在が挙げられます。例えば、ADMと呼ばれるものが肝斑と似たシミにあたります。後天性真皮メラノサイトーシスと呼ばれています。このシミの特徴は、両の頬に灰色の色素ができる点です。これは肝斑の薬を飲んでも効果がないので、一度肝斑と診断され薬を服用するも改善しない、という状況になり再びクリニックに来院することで明らかになるというようなケースがあります。もう一点の特徴として、ADMは他のシミに比べ色素の位置が深いというものがあります。別名の一部に用いられている「真皮層」という場所に位置しているのです。例えレーザーを用いても、真皮層まで届くレーザーでなければ対策できないというのがADMの問題点です。
大阪の美容皮膚科においては、この肝斑に対して様々な対策が用いられています。他ページにて、肝斑の治療法や大阪の美容皮膚科と協力して向き合うポイントなどをお伝えします。