婦人

シワやニキビの特徴を知って美容皮膚科で改善しよう

ニキビ対策

看護師

ニキビには治療のガイドラインが存在しており、大阪の美容皮膚科でもこれは適用されています。しかし、ガイドラインに従って治療を施しても完全に改善されるわけではない場合があるというのがニキビの特徴であり、治療は一筋縄ではいかないとされます。では、その原因はどこにあるのでしょうか。
ニキビの原因は、ホルモンにあるとされています。男性ホルモンや副腎アンドロゲンという物質がニキビ生成に関わっています。これらの物質は、血中から脂腺細胞へと入ることで細胞の増殖などを促します。
通常、ニキビは脂腺性毛包という毛穴にできます。それは主に背中や顔に分布するようになっています。皮脂が増加すると毛穴の角質も厚くなってしまい、菌が活発化し、その部分が炎症して赤くなってしまう、という過程をたどり、ニキビはできあがってしまうのです。ここで厄介なのが、ニキビ生成にはホルモンとの関連性が強いという点です。これによりニキビ治療が難しくなります。また、日常生活において生活リズムが乱れていたり食事や睡眠に問題があったりすると、よりニキビの改善は難しくなってしまいます。
ニキビの治療に関して特に注目したいのはホルモンとの関連ですが、その量には個人差があり、コントロールは困難なものになります。また、ホルモンバランスを切り離せない関係にある日常の問題が存在します。それはストレスです。ニキビの件で大阪の美容皮膚科に受診すると、多くのクリニックがストレスに関する問診を行ないます。その際の「ストレス」とは、心的ストレスのみならず、肉体的なストレスも当てはまります。自分では気付かない点かも知れません。こういったストレスに関わるのが生活リズムです。生活リズムが良くないと、よりストレスを感じやすくなってしまいます。ニキビの解消には、ストレス解消が重要な要素になってくるのです。
大阪の美容皮膚科において、ニキビを治療する際にはホルモンに関することを念頭に置いて治療の検討がされるようになっています。具体的な治療方法としては、レーザー治療やピーリングなどといった治療が挙げられます。基本的に、治療する先は毛穴となっています。毛穴の出口や周辺組織に着目し、改善を行なっていきます。状況に応じて適切な対処法があり、例えば、毛穴の出口を改善するにはピーリングを用いると効果があがり、脂腺をコントロールするにはレーザー治療を用いると効果的であるとされています。一方で、美容皮膚科による施術だけでなく、術後のケア、いわゆるホームケアも怠らないことが大事です。しかし、ホルモンがニキビの発生と密接に関わっている以上、ニキビが再発しないとは限りません。
そこで、大阪の美容皮膚科が考えるのはニキビのコントロールです。ニキビのコントロールが上手くいくことで、ニキビができても素早く治るという利点、ニキビ自体をできにくくするという利点、ニキビ跡にならないようにするという利点があります。ニキビ跡ができてしまうと治療が困難になるといわれていますので、ニキビ跡をつくらないことは重要です。
自分の肌の状態がどのようなものであるかは、自分では判断がつかないものです。悩んでしまう前に、美容皮膚科へ相談するのも手かも知れません。