婦人

シワやニキビの特徴を知って美容皮膚科で改善しよう

シミ治療について

先生

シミを治療する場合に用いられる施術法として挙げられるのは、レーザーによる施術かフォトフェイシャルによる施術でしょう。これらはいずれも機械による施術となっており、大阪の美容皮膚科にも存在している機器です。
まず、レーザーについて見ていきます。大阪の美容皮膚科においてレーザーの種類はいくつかあるのですが、方法としては、レーザーでかさぶたをつくってシミを取り除くというものが用いられます。度合いによってその回数はまちまちですが、基本的に一回から二回といわれています。一方で、フォトフェイシャルとは、顔全体に対して照射する手法となっています。これは光治療とも呼ばれています。特徴としては、複数回に渡って行なう必要があるという点が挙げられます。これはフォトフェイシャルがレーザーよりも反応が低いためです。その一方で光の種類は幅広く、肌のはりや赤ら顔といった、シミ以外の部分に対しても効果を発揮するという特徴があります。感覚としては光で顔を洗うというイメージでしょう。大阪の美容皮膚科においては、これらの施術はクリニックによって結果に差が出るようになっています。差が出る原因はいくつかあるのですが、特に重要なのはシミについての知識です。
シミには様々な色素が含有されていますが、シミとして表面に出るものはメラニンと呼ばれる色素です。メラニンは、表皮細胞内に存在するものであり、肌色も兼ねているのが特徴です。そして重要なのは、メラニンをつくる要素です。メラニンはメラノサイトという表皮の最下層に位置する細胞によって作り出されます。この細胞の数や質の差と、周辺の細胞状態がシミの存在に密接しています。従って、シミ治療に必要な点は単純にメラニンを取り除くことではなくメラノサイトや周辺の細胞に着目することなのです。大阪の美容皮膚科では、この点に意識して治療が行なわれます。大阪の美容皮膚科で行なわれる具体的な治療法について見てみましょう。
まず初めに、レーザーやフォトフェイシャルを用いてシミを取り除きます。これは先頭でお伝えした手法です。その次に、メラノサイトをコントロールする作業を行なうのです。大阪の美容皮膚科においては、美白剤を用いてそれを実現します。その後で、細胞全体をケアします。つまり、メラノサイト周辺の細胞をケアするということです。この治療法から見て取れるのは、シミ取りの後のスキンケアが大事であるという点です。肌を良好な状態に整えることでシミ予防に繋がります。
大阪の美容皮膚科を利用する際には、レーザーによる治療のみならず、その後のケアがしっかりしているか、という観点でクリニック選びをしてみるのも良いでしょう。