婦人

シワやニキビの特徴を知って美容皮膚科で改善しよう

肝斑の対処法

レディ

肝斑はその特徴から通常のシミと見間違えやすく、発見が困難になっています。別ページにてお伝えしたADM以外にも、老人性色素班が重なることで肝斑のように見えたり、また、そばかすさえも場合によっては肝斑に見える状況もあるようです。大阪の美容皮膚科は苦心してこの見分けを行ないますが、その中でも特に注意されている点が炎症後色素沈着です。これは、レーザーを極度に使用したり摩擦が起きたりしてしまうことによって発生する色素沈着です。つまり、外的な刺激が発生要因となるのです。知識がないとこれらのシミを肝斑と判断することはより難しくなります。従って、まず大阪の美容皮膚科に確認することが必要といえるでしょう。
炎症後色素沈着について説明していきます。このシミは、外的要因で発生してしまうシミであると同時に、大阪の美容皮膚科において数あるシミの中でも特に肝斑との区別がつきづらいとされています。その理由は、女性が多く触れる場所が、両頬であるためです。洗顔やケアを日々行なうと頬での摩擦が頻繁に起きてしまい、結果、炎症後色素沈着に繋がるのです。大阪の美容皮膚科では、炎症後色素沈着に関しては基本的にソフトな治療が心がけられています。炎症後色素沈着も肝斑のようにメラノサイトや周辺細胞が変化することで起きるといわれています。そのため、レーザーのみの治療ではなく術後のケアも含めて考えなければならないのです。
では、どのように肝斑を治療していくのかについて見ていきましょう。これまでは、原則として「触らない」という対応が用いられていました。通常のレーザーを使用すると逆に症状を悪化させてしまうためです。それを避け、ビタミンCやトラネキサム酸といった処方を施すことで治療にあてる場合もあります。その他には、ハイドロキノンやトレチノイン外用といったものが用いられています。その一方、肝斑に対してレーザー照射で治療するといった新たな取り組みが起きています。それをレーザートレーニングと呼びます。これは多くの施設で用いられている手法です。
この施術は、弱いレーザーを照射することでメラニンだけを排出させるような手法です。この手法を行なえる機器は限られていることから、特殊な施術といえるでしょう。弱いエネルギーを送るという性質上、治療は時間をかけてゆっくり行なわれます。数回から十数回にかけて行なわれ、かつ、通院も必要になってきます。ゆっくりと改善を行なうことで、最終的な効果に繋げていきます。この方法は、炎症後色素沈着にも応用できるという利点があります。また、レーザートレーニングはビタミンCやトラネキサム酸などの飲み薬を併用することが必要です。また、通常のシミと同様にアフターケアが重要になってきます。
このように、困難である肝斑の対処についても現在では様々な方法による取り組みがされています。肝斑について不安を感じたら、クリニックへ足を運んでみてはいかがでしょう。